寝返りを打ちやすい六角脳枕

眠り

あなたは、寝ている間にどれくらい寝返りをしているでしょうか?

寝返りは、無意識のうちに行っているので、良くわからないと答える方がほとんどだと思います。

実は、私たちは睡眠を摂っている間に10~20回くらいの寝返りをしていると言われています。

まあ、寝苦しくて行う寝返りもあれば、体が自然に行う寝返りもあるでしょう。

無意識に行っている寝返りですが、実は、とても重要な役割があります。

それは、体全体に血液の循環を促すことと骨格のズレを修正するという事です。

もし、寝返りをしないならば、背中や腰など荷重が大きくかかる部分の血行が悪くなってしまうのです。

ところで、寝返りしやすい設計をウリにしている安眠枕も幾つかあるようですが、その中でも良く知られているのが「六角脳枕」です。

六角脳枕は、頭に接する部分がW型になっています。

このW型の緩やかな波が、寝返りをうつ際に心地よい揺れを作り眠りへと誘ってくれます。

寝返りをしやすい枕は、心地良く眠ることができる枕だと言われています。

そんな意味でも、六角脳枕は、より質の高い眠りが欲しい方におすすめです。