Web講座 ゴルフスイング物理学の講座内容について

ここでザ~ッと「Web講座 ゴルフスイング物理学」の構成内容についてお話したいと思います。

「Web講座 ゴルフスイング物理学」は、運動学と物理学をベースにして解説しているゴルフ理論と、その実践ドリルになっています。

まず、基礎動画として(1)基礎理論編(4本)、(2)動作改善編(10本)、(3)身体改善編(24本)の38本があります。

(1)基礎理論編には、ボールの軌道を決定する要素やショット・クラブの打ち分けの基礎などなど基礎的な理論を分かりやすく解説してあります。

(2)動作改善編には、テコではなく慣性の力でヘッドを走らせる感覚をつかむドリル
や水平面上の遠心力を生みスクエアなインパクトを可能にするドリルなどなど、正しいスイングを身に付けるため動作改善するためのドリル中心の動画になっています。

(3)身体改善編では、体幹部をメインとした基礎のトレーニング、足や足首のコンディショニングトレーニングなどコンディショニング&トレーニング中心となっています。

更に、今現在は、飛距離アップ偏(4本)とアップデート動画(48本)の合計52本の追加アップデート動画が加えられています。

今後も、受講者の中で同じような質問が多い場合には追加アップデート動画が作成されていくことになっていて、講座の内容も常に新しく改善されていくようになっています。

Web講座 ゴルフスイング物理学とは?

ゴルフを楽しんでいらっしゃる方々の中には、まだゴルフを始めたばかりの初心者の方もいれば、ゴルフを始めて何年にもなるという方も居られると思います。

その中には、最初は、自宅近くの打ちっぱなしゴルフに通って練習したんだけど「思うようにボールの飛距離が出ない」とか「自己流の悪い癖が抜けない」など、悩んでいる方もいらっしゃるかも知れませんね?

飛距離アップするには、正確なフォームがどんなものかを理解して、それを再現できるようになる必要があります。

ゴルフ教室などで指導を受けたとしても、その時は何となく分かったような気になっても、しばらく日にちが経ってしまうと、なかなか体に定着しないことも多いです。

正確なフォームがどんなものかを理解し、それを再現するには、空き時間などで細目に正しいフォームやスイング、体の使い方をチェックし、イメージとして体に定着させる必要があります。

Web講座 ゴルフスイング物理学では「体の使い方」や「クラブの特性」、「飛距離アップの方法」、「ゴルフのためのトレーニング方法」などなど、基礎から実践的なレッスン動画までネットで配信してくれます。

ネット動画ですので、自宅では大きなスクリーンのパソコンで、通勤中の電車の中ではスマートフォンやタブレットでという具合に、いつでもどこでも確認したいレッスン動画を見ることができます。

Web講座 ゴルフスイング物理学のレッスン動画を見ながら、正しくトレーニングすることによって、ゴルフの基本を理解し、飛距離を伸ばしたり、シャフトクロスなどの悪い癖を直したりすることができるようになるのです。

Web講座 ゴルフスイング物理学の特徴について

今までのゴルフレッスンDVDは、スイングの最中の身体の細かい動きなどの解説がほとんど無い場合もあります。

それに比べると、Web講座 ゴルフスイング物理学のレッスンビデオでは、スイングの時の骨盤の使い方や関節の動きなど「体の使い方」を丁寧に学ぶことができます。

更に、正しいゴルフスイングとは?どうして失敗してしまうのか?という細かいところも学ぶことができます。

他には、クラブの特性など「道具の物理」、そして飛距離アップのための下半身トレーニングなど「ゴルフのためのトレーニング」なども丁寧に解説してあります。

これによって、運動学や物理学に基づいた正しいスイング理論やゴルフをプレイするための身体を作る最適なトレーニング方法が学ぶことができます。

このような丁寧な解説などは、初心者はもちろん、壁にぶつかって伸び悩んでいるゴルファーにとってはとても有益な情報になります。

ところで、Web講座 ゴルフスイング物理学では、インターネット回線さえあれば、PCを始めスマホやタブレットで、いつでもどこでもレッスン動画を見て学ぶことができます。

練習場において、スマホやタブレットでレッスン動画を確認して、即、実践できるところも従来のゴルフレッスンDVDに比べると大きな特徴です。