ゴルフスイング物理学で飛距離を伸ばす。

ゴルフにおいてボールを飛ばすことだけを考えたとしたら、クラブを両手で握ってスイングする動作を身体に負担がかからないように効率良くパワーを発揮するようにすれば良い訳ですね。

つまりヘッドスピードを上げるようなスイングです。

ですが、それだけではボールが飛ぶようにはなるかもしれませんがボールが飛ぶ方向が右や左にブレてしまって、なかなか思っていいる方向へは飛んでくれません。

それはゴルフクラブがL字型の構造をしていてシャフト軸と重心がずれている特殊な構造になっているからそう簡単ではないのです。

ゴルフスイング物理学では、ゴルフというスポーツにおいて、まずは身体について考えるのではなく、ボールを飛ばす道具であるクラブの事を考えます。

このクラブという道具があり、それを上手く使いこなすためにはどのようなスイング技術が必要なのか?という事を考えます。

その次に、身体のこと、つまり、どのような身体つくりをするのか?

このような順番でアプローチすることによって飛距離もボールが飛ぶ方向も両方をま㎜軸することができるようになります。

このようなことは、一般的なスポーツの考え方から言えば、目からウロコ的な考え方なんだと思いますが、このような順序で考えるのがゴルフスイング物理学の考え方の根底にあります。